So-net無料ブログ作成
つぶやき ブログトップ

今年もまた… [つぶやき]

3月にシティの車検の時期が来た。
正直言って「どうしようか]と思っている。そう、車検を高い金を払って受けるか、安い査定額で処分してしまおうか。
価値があるほどの車ではないし、大切に管理してまで維持していく訳は…しかし、私にとっては三十数年間一回も雨に濡らさず自分なりにオリジナルをそれなりに光らせてきた。

新車で買い、オプションも付けて当時の価格で206万円。その時代なら外車が変えた価格である。走行距離は12700km。おそらく目に見えるサビはなく…というのもボディ・シャーシの内側は防錆処理をしてあるし、下回りはゴムラバーの石飛び用コーティングをしてある。

city のコピー_2.jpg

「なら、なぜに乗り続けるか、処分するかを迷うのか」
一つの理由はもう部品の供給がない。ディラーは整備もできない。勿論、オークションのサイトを覗けば中古で部品があることはある…しかし高い!コンディションも分からない、こんな車に乗っているのだからある程度の部品ストックはしてある。消耗品や逝きそうな部品は約10万円。

ある日車検に出す前に掃除をしていた。
トランクに収納してあったクリーナーやワックスを取るために開けてそのものを出す。そしてトランクを締めた途端、なにか違和感を感じた。
しっかり締めたつもりがトランクフードがガタついているのだ。何度やっても元へは戻らない…よーく見るとグリットの周りになにかの破片が。
金具の間にあるプラスチックの残骸だ。寒い中、衝撃を与えたのが悪かったのか、いや経年変化でもう寿命だったのかもしれない。

早速、ディラーに車検の見積もりがてら部品の注文へ…ある分けがないアッセンブリーでもない。多少の出費は覚悟していたが無いものは無いのだ。
そこはディラーの硬いところ。解体屋とかnetで買ってでもなんとか直してやるというような柔軟さはない。
仕方ないのでテープでステーの部分に厚みを付けて、なんとかガタツキはなくなったが完治したわけではない。
自分で乗るならこれでも納得はできるが売るとすれば何とかしなければ気分も悪い。

そしてもう一つ理由がある。
体力だ。
敢えて年令には触れないが、私もシティを購入したてから数えて中年以上にはなっている。
実はこれが一番のネックなのだ。

私は古い家に住んでいる。イヤ、ボロ屋といったほうが良い想像以上に.当然古い建築でだ。ということはできるだけ土地の真ん中に…今の家は日当たりと庭を十分取れるようにずらして建築してあるが、我が家は南北に庭があり、車を駐車できるスペースは門扉からぎりぎりになってしまっている。なのでガレージなんて洒落たものは作れるスペースはない。
もともと車を駐車する計画はなく作った家屋だ。しかし、時代は弟も含めて2台の自家用車を所有してしまった。仕方ないので門からの庭にコンクリートを打ちカーポートを一台分作ったのだ。
しかし、カーポートだけでは雨が吹き込む。弟は外へ出たのて車は私だけの所有車になったのだが、常に2台あって、一台は足用に、大事にしている車はカーポートの中へと言うことになったのだが、シティを購入したときにカーポートの周りにシルバーシートを…更に隣の家が外装塗装をするときにビニールの養生をしてしまった…そして現在に至る。

若いうちは良かったが、今になってそこからシティを出すためには一時間、元の状態に閉めるには2時間必要になった。

同じ車種を持っている人ならわかるだろうが、最低一ヶ月に一回はエンジンをかけなければ一昔のキャブレターのエンジンは確実に詰まる。ガソリンが。

前後で三時間の開放・収納時間を考えればドライブするのはどのくらいか走れるだろう。
ということて、まさに今迷っているのだ。それも自分のためではなく、車のために。近くに貸しガレージでもあれば問題は解決するのだが。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

新年だ! [つぶやき]

,年賀状_11画像.jpg


正月も一段落して、友も帰京・家族も地元へ。
また一つ歳を重ねてしまった。「人間は年を取るのは平等、寿命は不平等」、私もいつまで老いるのか。

なんて、一年に数回のブログアップでネガティブなことばかり…申し訳無い。
去年はイロイロ、ストレスがあって体調不良が続き、ま、夏の暑さもきつかったし、家庭内も。

ヘッドに書いてあるように不満を解消するブログだからお許しを。

今年はシティカブリオレの車検の年で、今迷っているのはそろそろ年なのでこれを処分しようか、もう少し頑張るか。
というのも、視力のほうが危なくなって来ている。つまりは免許の更新ができるかどうか…
運転できなければ何を考えても車を降りなければならない。
できれば周りに乗ってくれる人がいればよいが、唯一その気があった十歳年下の友が亡くなってしまい「捨てるか」と思うようになってきた。

勿論、中古で売るという手もあるが、35年前の車で部品の調達もままならないのだから、未だ12,000km すべてオリジナルでタイヤも9分山エンジン快調と言っても、値段はたかが知れている。

私は変わり者なので、数十万円で売れてもそれしか価値を見出してくれなければ解体したほうが良いという考え。

ま、今年も悩ましい日々を送ることになることになるだろう。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和


nice!(0)  コメント(0) 

あけおめ2018 [つぶやき]

   犬年賀状2018 _8jpg.jpg
今年も一年に一回のブログアップ。
いやー、忘れるところだった。

この頃は、インスタだのラインだのとストレートなnet通信が流行りで…
ブログなんてやっている人が少ないのでは。

取りあえず、「おめでとうございます」としておこう。何がめでたいのかは深く追求しないで、また一つ歳を取った。

ここまで人生を続けているとまずは愚痴しか出てこないのが常だが。
正月早々、座イスが壊れるし「はば」なる雑煮に海苔と青のりと一緒に入れる地方色の強い薬味も、とうとう一枚千円になってしまった。
ま、知っている人しか分からない話題だが…

去年といえば、あまり良くないことがあったり、足腰の痛みなどあまり他人から見れば細かいことを書いても仕方ないことたが…
なので今年こそはなんとか良い年にしたいものだ。
そう、内容のない文章を連ねているのは話題がありませんねえ。
ではどうしてブログ書いているのかといえば、毎年恒例だし、年賀状のデザインをこのブログに残しておきたかったからとしておく。

完全オリジナル、他のところから引っ張ってきたわけではないので…でも、出した相手は「ああ、また今年も来たか」と言われるだけで報われているのだろうか。

取りあえず、後何年続けられるか。相変わらずのマイナー思考の私ではある。

歳を取って思うこと。
●人生、生きていることが地獄、死んだら天国。
●年を取るのは平等だが病気や亡くなるのは不平等。
●体力も健康も裕福な生活も全て差がある不公平。
●明日どうなるかは誰もわからない。

当たり前だが近頃の私のつぶやきだ。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

穏やかな正月のなか [つぶやき]

170102ブログ用賀状.jpgまた一つ歳を取ってしまった。
年寄りは新年を迎えるとそう言って誕生日が来る前でも「かぞえ」で表す。
すると私も高齢者に属する。

段々、友達も減ってきて初詣とか初日の出とか夜を徹してのドライブとか若い頃やっていた年末から年始にかけての行動的な事は何もしなくなった。
動かない体だからテレビを見るくらいで家からは出ない。寒いのと足腰が弱ってきているからなのだろう。

しかし、世の中は田舎に帰り、Uターンラッシュが相変わらずである。隣・近所も静かだ。私一人の正月、netだけが友達という穏やかな三が日になりそうだ。

新年だからブログをアップする義務感と、私の描いた拙い酉年の賀状を残しておくつもりのつまらない文章ではある。

2日にアップしたブログだが、3日に「正月最後だからと午前中から呑み始めた。と、目の前に器が…中には雑煮に入れるものが入っていた。「これって…」と思って文章を追加してみた。
普通の首都圏では雑煮にかけるのは海苔と青のりそれにかつお節らしい。

らしいというのは生まれてから今まで、ごく一部の地域らしいが「はばのり」というのを一緒に入れる。
多分「なんだそりゃ」という御仁も多々いると思う。
ある人に聞いたら韓国あたりから渡来し、全国の海岸沿いに普及したとか。だから東北の日本海側とか関西の太平洋側にもハバはあるらしい。あくまでも俗説だが。
私はその昔、海苔は売り物で高価だから地元の人がそれに変わるものを海の岩から取って、海苔と同じ形に干して食べたのかと想像してた。

隣人も知らないとか、友達などに聞いても「そんなものは食べたことがない」というのだが、100km離れた市では盛んに食べられているということで「はばのり」は私の中ではなんとも悩ましい存在なのだ。

そして今年、そのものが我が家の器には入っていない。
えっ、「どうしてだぁ」とカミさんに聞いてみたら、なんと5枚で5,500円。つまり一枚1,100円になる。これでは文句は言えない。いくら海苔が高いと言っても一枚にしたら数十円、しかし、なんとも物足りない。何しろ、もの心ついて常にあったものだから。
多分、寒い冬に取っていたそのハバを高齢化して採って作る人がいなくなりつつあるのだろう。
なんとも寂しい話だ。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
つぶやき ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。