So-net無料ブログ作成
ショッピング ブログトップ

ネット販売、これが本当のサービスだ [ショッピング]

私は自分で髪の毛を切っている。
「どうやって?」
俗にいうヘヤーカッターというやつで、簡単に言えばバリカンである。

夏も近くそろそろ暑い日が続くだろうとモサモサ頭をサッパリしたくなって、風呂場でこれを使っていたのだ。
ところが、突然の異音。んー、なんか変。髪の毛が半分短くなったところでバリカンの刃が動かなくなってしまった。(画像は本体と壊れてしまった替刃)
当然、即ばらしてみた。と、なんと部品のスプリングが折れてしまっているではないか。鏡を見たら何とも奇妙な髪形でボー然と立ち尽くす私がいた。
仕方がない、壊れてしまったのだから後はスキバサミで何とか調髪…

ヘヤーカッター_ブログ.jpg

前置きが長くなったが、このへヤーカッター、13年前に買ったものなのでいい加減壊れても諦めがつくが一応netで検索をしてみた。
そうすると結構いろいろなサイトで「替刃」が販売されているではないか。諦めが一転、俄然修理の方向でその替刃を買うことにした。

ここからは正真正銘「宣伝」ではない。心から感心したのだ。
「あたりまえだよ」という諸兄もいるだろうが…
多数あるサイトから一番安価だったAmazonに決定、しかも送料無料。早速カートに入れて決済…
んー、よーく見ると品番に余計な番号がついている。確か対象商品としての本体の型番はあっているのだが、部品の品番の桁数が多いのだ。

これには心配になった。
あまり高価なものではないが、注文して到着してみたら違っていたらと思うと問い合わせてみたくなる。そう私はしつこいタイプなのだ多分99%合致するとは思うが…ということでカスタマーセンターとやらへのリンクをクリック。

カスタマーセンター_2.jpg

そこにはどんな質問かが選べる項目があって、それに答えるとどうすればよいかが選べる。
メールで質問するか、電話にするか、チャットで答えるかである。
結果、私はメールか電話が指示された。当然すぐに知りたいので電話にする。すると「今すぐ連絡」と「5分以内に連絡」のチョイスがある。そんなに急がないのでそれでは5分以内で…

感激の時が来た。
多分これをクリックしたら電話番号が出るのだろうと予測していたからだ。
それが違った、こちらからお電話をいたしますになるのだ。我が家の電話番号を入力すること5分。カウントダウンの後「来た!」待たされると思ったサポートの連絡がチャント時間通りに。

ただそれだけと言ってしまえばそれまでだが、私もネットショッピングやPCの不具合で多数のメーカーや販売サービスに連絡を試みたことがある。
しかし、中にはサイトに電話番号も記さず、何時間、いや何日待たされるかわからないメールのみの対応とか、夜は時間外だとか嫌な思いをしたことは何度も経験した。
困ったときや細かいことを聞きたいときは電話に限る。それはそれで先方も人件費や込み合う電話の回線で頭を悩ませるのだろうが、特にお金を払う以上どの程度サービスを受けられるかでこちらの購入意欲も違ってくるものだ。

繰り返しになるが、いくらかけても繋がらなかったり、長時間待たされる電話やメールより、この電話番号入力だけで先方から連絡が来るというのはアイデアとしてもサービスとしても嬉しいことだ。

と、まだ先がある。
私のした質問、実は製造メーカーでなければ解らない性格のものだった。しかし、再びメーカーのサイトを探し出し、メールを出すのも面倒だ。
けれどそれをAmazonは代行してくれるのだ。あちらからメーカーに連絡してくれて問題を解決してくれる。電話かその場を離れるときはメールで…そのうえその答えで解らない時のためにメーカーのサポート電話番号まで教えてくれる。普通のショップでは「製造メーカーに電話してみてください」で終わりだと思う。

久しぶりにこんな気持ちの良い買い物をしたので、思わず書き綴ってしまった次第だ。
後日送られてきた部品はピッタリと本体にはまった。

最後にしつこいようだが、決してAmazonの回し者でも、広告宣伝の類ではない。事実だ。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング
ショッピング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。