So-net無料ブログ作成
車 雪での出来事 ブログトップ

今の車は便利か… [車 雪での出来事]

昨日から雪が。
最初は霙くらいで済むかと思いきや、爆弾低気圧というやつが悪さをして結構な雪を降らしてくれた。
雪国の人から見れば大したことないかもしれないが、首都圏では数センチ積もっただけでパニックだ。
我が家の近くには国立や私立の病院があるが、昨夜から今朝までひっきりなしのサイレンの連続。それだけ怪我人や急激な気温低下での体調不良に陥った人が多かったのではないだろうか。

テレビでも特番のようにニュースを流し、中でも放置された車や4~5人で一生懸命の救出作業をしている場面が放送されていた。
昔の人間である私は「なぜ車の移動にあんなに大変な思いをするのだろう…」なんて思ってしまった。

私の家から車で出かけるとしたら必ず坂道を上り下らなければならない、いわゆる高台だ。昨夜も数台の動けなくなった車を救出した。その理由は我が家の前の道は数十メートルにわたって私道なのだ。そんなところで立ち往生されていたら手助けするしかないだろう。
今日は少し腰が痛い。

雪のタイヤ.jpg

チョット押してやればスリップしている車も動くだろう。と、昔から数十年間自家用車だけではなく、運送をやってきた人間は思ってしまうのだ。
ところが、やってみたらそうはいかない。歳だから力がなくなった…ではなく、今の車は駆動輪が空転してしまうとアクセルが吹けなくなる。「もっとふかせぇ」なんて声を張り上げて一生懸命、車の尻を押してもびくともしない。

何のことはない、近頃の車にはほとんどABSなるものがついている。これが曲者。
滑り出したら駆動力がなくなり、その滑り出した車輪を止めてしまうのだ。しかもアクセルが吹けなくなる。普段は「こんな安全で便利なものはない」なんて思っていたらこんなところで凶と出た。
しょうがないので家からスコップを持ってきてタイヤの下の雪かきをしてダンボールを噛まして何とか坂を上らせた。このまま雪の街に走り出したら…あとは知らない。

数時間たったらまたエンジンの唸り音。
ウチの前の駐車場に入れようとバックしたら空回り。あと数メートルで道路から出っ張らないようになる、今度はフロント部を押してやろうかと思ったら、運転手が心配顔。
これも近頃の車の悪しきところ。
軽くてクラッシュしたときに人を守るという目的で、ボディどころかバンパーまでペコペコなのだ。昔なら「鉄です」という重いボディにメッキきらきらな頑丈なバンパー、いくら押しても大丈夫。
何しろバンパーとは衝突時の保護枠なのだから。
ところが今のはプラスチック、ボディも「どこを押せばよいの?」というくらい薄い。下手に力を入れれば凹んでしまう。助けようとしてかえって恨まれたりして。
しょうがないので窓を開けさせてBピラーを押すことに。

これは以前の話だが、今の車の不便なところ。
なぜかは解らないがエンジンが掛からなくなってしまって…それも道の真ん中で。
これでは我が家の車が出られない、という場所で止まってしまったのだ。セルは回るのにかからない。
こういう時はどうすればよいかといえば、ギアをセカンドに入れてセルを回せば数メートルくらいは移動できる。私も東京の交差点の真ん中でエンスト(昔の車は結構あった)したときに実践したテクニック…といえるかどうかわからないが端に寄せることはできた。そうしてから普通はJAFなどを呼ぶのだが。

しかし、今の車はほとんどがAT車である。
つまりギア(オートマのセレクター)をドライブに入れるとセルさえ回らない。というかパークングに入っていないとエンジンはかからないし、ドライブにも入れられない。止まったら最後、一人で何とかしようと思ってもどうしようもない。
これが私のように交差点や繁華街の道路だったら迷惑この上ない。上記の車はガソリン切れだったのだが。

最後に一つ。
近頃の車のオーナーはタイヤチェーンもつけられない人が多い。
いや、冬タイヤやチェーンを持っている人が少ない。首都圏に限ってだが。
それはそうだろうこの地域では一年に一回か、多くても一桁の少ないほうの降雪しかない。そのために数万も出して冬用のタイヤやホイールを購入したくはない。近頃ではチェーンのレクチャーも多分教習所でしないらしい。
パンクくらいは…と思ったらこの頃のタイヤはバースト以外、エアーの抜けが少ないのでそのままGSくらいまでは走れるということらしい、特に若い運転者はタイヤ交換も知らないという。
スキーに頻繁に行く人や、ドライブ好きで長距離を走る人なら冬タイヤもパンク時の交換も知っているかもしれないが、便利になった車社会もなんとなく私には不便に思えてならない。
たくさんのセンサーやカメラ・自動運転装置(正確にはなんというのかは知らないが)…これでは車の運転の楽しさや、いざというときの(たとえばセンサーやカメラが壊れた場合)テクニックなんて得られない。
なんとなくツマラナイ車社会になったと思うのは私だけだろうか。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和


タグ:新しい技術
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
車 雪での出来事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。