So-net無料ブログ作成
車 シティ ブログトップ

シティ今度こそ復活 [車 シティ]

いやー、長かった。
実に一年半、不動車になってから何のストレスもなく公道を走れるようになるまで。
一時復活かと思った我が愛車も、結局信号で止まるたびにエンスト。このいきさつは前回の「復活ならず」で述べた通りだが、運転している本人にとっては大問題で何とかここまで動くようになったのだからストレスなく走ってくれないかと願っていた。

遡ること一年半前に足に使っていた車を処分した際に「これからシティを修理する」と業者に言ったことがあった。
そこで「ああ、あそこのディーラに出すんですね」と言われたことが頭のどこかに残っていた。
結局は若い冒険家に託したのだが…調子を取り戻すには再度どこかに依頼するしかないと、考えあぐねていた私を動かした。
最初は埼玉にある専門業者に依頼するつもりでいたが、いかんせん距離的にも料金的にも無理があった。いや、私の面倒な気持ちがどこか躊躇させているところがあったのかもしれない。

近くで診てくれるところはないかと苦し紛れに電話したのはその廃車業者の言ったディーラだった。

シティ_5web_2.jpg

そこは単なる普通のホンダの販売店でまさかこんなところでというような感じ。新車ばかりがゾロゾロ展示してある、とても26年前の車を何とかしてくれるとは思えない店構えだった。

「そちらは古い車も何とかしてくれると聞いて連絡したんですけど…」と始まった交渉でだったが、話を進めていくうちに「ウチの工場長はCVCCのエンジンを診られますよ」という意外な返事が返ってきた。
私のシティを新車で購入したディーラは若いチーフの元、二十歳代の整備士しかいないので断られたが、ここのディーラには二人もこれを扱える整備士がいるという。その工場長は入社して以来、十年前までこれを専門に整備していたらしい。これは頼もしい。

ダメ元で電話したら瓢箪から駒になった。
兎に角、診てもらおうと車を持ち込んだ。一回目は蓋(エアクリーナー)を開けて様子を見るだけ。とりあえず近場を一周して症状を見る…

丁度、三月の末だったので業務が立て込んでいてすぐには見られないとのこと。
日にちを月を超えて予約、四月の初旬に再度入庫ということになった。

なんとあっけない。
代車を借りて三日目「原因が分かったので部品を注文していますので、今週中には直るでしょう」。
ん、工場長ってそんなに暇なのか?
そんなくらい直ぐに修理に入ってくれたらしい。いかんせん、部品の廃番のものがある。その旨話しておいたのだが、若い冒険家に部品取りのシティを買ってもらった際にキャブレターを手に入れてあった。これがスムーズに修理できた原因、ラッキー!
早速、中古のキャブを持ち込んで待つこと一週間。

戻ってきたシティは何の不調もなく、アイドリングも指定の650rpmをピッタリ指している。
さすが経験者に勝るものはない。
それでも、もし、若い冒険家がキャブのオーバーホールの際に調整ネジを回していたらこんなに簡単にはいかなかったらしい。さすがにその冒険家もそこまでするのは怖かったのだろう。

その工場長も54歳、あと6年は面倒を見てくれるがそのあと(まだ乗るのかよー)はどこに…
正直、体力が許せばあと15年は乗りたいのだ。走行距離で言えば10万キロ。
果たして車が壊れずに走ってくれるか、私の体がもってくれるか。

今は毎週の暇な時間にシティに乗ることが楽しみな一時になっている。
が、問題が…それは次回に書くことにして今は心が満たされている自分がいる。今回の修理費と前回のレストア代で総額40万、シティの中古車が十分買える金額ではあるが新車から可愛がった車が蘇ったのだからこちらが良いに決まっている。

ちなみに、若い冒険家にも感謝しておこう。というのも最初の不動車のままでは持ち込んだディーラでも受けてくれなかったらしい。「うちはレストア業ではない」という理由で。動いて不調というところまで頑張ってくれたのは近頃の部品交換整備士と違った若い彼のおかげでもある。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

シティと会う [車 シティ]

一昨日、「道の駅」にて私の愛車より綺麗なシティにあってしまった。
この手の車にお目にかかる方がカブリオレを探すよりはるかに貴重である。今となってはすでに廃車されているものが殆どである。
このオーナーとは、あることがご縁でこの場所で待ち合わせていたのだが「どうせたかがシティ」自分の車と違いはないだろと踏んでいた私には感心というより驚嘆であった。

シティ_4.jpg

よくよく聞けばクリアを塗ってあるという。
それも外観ばかりではない、室内はおろかエンジンルームまで全てである。そりゃあ輝いていた。私もそれを赤カブに施そうかと思うくらいに周りの車をはるかに二十数年前のシティが淘汰していた。

よほどの愛着、いや執念がなければエンジンを下し細かい部品まで外してここまではできない。
残念ながら画像ではわからないかもしれないが、バンパーまでシボをのこしたままでブラック塗装したという。
これならバンパーワックスも必要ないかもしれない。

ここまでするのだから素人ではなく車関係の仕事をしているのかと思いきや、そうではなく塗装屋へ毎日通って注文を付けていたらしい。
そこまでしたらマニアを通り越し…いや、兎に角立派です。

わずか一時間半の笑談を終わり、帰路についたがまだまだ車談義に花を咲かせたい…いや、いろいろな情報や秘策を探ってみたいオーナーであった。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

シティ全快ならず [車 シティ]

去年から大分ご無沙汰したが、これには理由がある。
残念ながらシティの調子が悪いのだ。何故、今頃になってとお思いだろうが、修理が終わって帰ってきたのが八月も半ばの熱いころだった。そう、一月二十五日に入庫して約八か月かかったわけで、正直「やっとか」という思いだった。

整備士のお兄ちゃん、頑張ってくれたんだねぇ…なんて考えて走り始めたのは、それは一年で一番熱いころである。
そう、エアコンをかけてアイドルアップ(冷やすためにコンプレッサーなるものを回すため電気を消費するので標準よりエンジンをかけて止まっている間でも少し回転を上げるシステム)してしまっているので一見快調に思ってしまったのだ。
嬉しくてドライブ三昧…なんてしない。何しろ年代物、もし壊したら部品が殆ど無いのだ。
「車なんて走って何ぼじゃあ」という人もいると思うがへそくりを三十万出して修理した車、一週間に一度と決めて優しく乗ってやらねば。

シティ_2.jpg

そうして九月も後半、もう少しで十月に入るころ、ことは起こった。
突然のエンスト。
カミさんに「カッチョ悪いー」と言われてしまったが、私は何もしていない。
その後、たびたびこの現象が起こって今日に至っている。赤信号で止まるときなどにとても神経を使ってしまう。当然お金をかけたのだから、それを整備したところへ持って行って説明。

ところがこのお兄ちゃん、最初は「こんな車を整備できるのは光栄です」とか言っていたのが、今となっては「もう飽きた、この次の車検あたりまでにやる気になったら見てみましょう」というお言葉が返ってきた。
そういえば以前言っていた。「気が乗らない仕事はそれとなくお断りする」と。そう、私の車がそれになってしまったらしい。
素人考えではキャブレターだと思うが、そのほか車検やタイヤ交換・ブレーキ関係も全て込みで三十万とはいえ、この金額はチャント走るカブリオレを中古で買ってもそのくらいで手に入る。
走行距離が少ないので本人はそれ以上と思っているが、兎に角、完璧に走るようにしてほしい。しかし、彼はいくら懇願しても動かない。いや、私のシティも動かない。

そんなこんなで、それ程近くはないその修理工場と自宅の往復で時間を取られ、ついに年を越してしまったというわけだ。冒頭のご無沙汰とは楽しくて車に夢中になっていたのではなく、焦りと絶望感で時が過ぎて行ったのだ。
しかし、触ったこともないエンジンやキャブを動くようにしてしまうのだからと、こちらも頻りに感心していたのだが、気分屋のお兄ちゃんだったとは…これは仕事なのだと割り切ってとことん責任を持ってやってほしいのだが、好奇心が失せたら「もうやらない」「持ってこないで」になってしまった。

しかし、昭和生まれはそこでめげない。素人とはいえ昔取った杵柄、キャブくらいと合っていないガソリンのレベル調整やら、高い洗浄剤をぶち込んで今のところ試運転。
少しずつ走りもマシにはなってはきたが、相変わらずのエンストは拭いきれない。

決してそのお兄ちゃんの批判をしているわけではない、趣味的に仕事をやっている人や職人で気が向かないと眼もくれない人は結構いる。しかし、この手の車は他のところへ持って行っても「ハイ、やります」とはいっいくれないのが当たり前。netで一生懸命それらしい所を探すのだが、大阪に元SF(ホンダのサービスファクトリー)に勤めていた人たちが集まって会社を作っているらしいが、こちらは関東である。そこまでこのシティがたどりつく保証もない。
陸送なんてとんでもない!!
埼玉にも「昭和のホンダ車」を得意としているところはあるがそれでも100km位の距離である。勿論高速道路走行なんて論外。途中で止まったらと思うと怖くて…

と、自分の気持ちを見つめなおしたら結構この状況を楽しんでいる。人の悲劇は蜜の味みたいなところがあるが、私はこんなにマゾヒストだったのだろうか。
ということで少しずつ設定を変えて試運転をしている画像をアップする。
見た目だけは新車みたいなんだけどねぇ。中身は…残念ながら。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
車 シティ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。