So-net無料ブログ作成

ビートに夢中 [車]

いまさら古い車の何を…と思われるかもしれないが、病に侵されてしまった。
ビート中毒に。

前回のシティ完全復活が未だ納車されていない。というのも私がいろいろと注文を増やして後から面倒な作業を頼んでいるからで、それというのも今、代車で乗っているビートが気に入ってしまったからだ。
なるべく、あちこちと走ってみたい・楽しみたいという気持ちから、一日でも長くそばに置いて使ってみたい衝動に駆られたのが理由。

Beat.jpg

平成の初めに新車で発売されたビートの試乗会に行っている私だが、その時の印象はえらく狭い!
なぜかと言えば私の前に乗った人がシートの位置を前側にしていた。それに乗車しようとしたら足が入らない。
それが間違いの元。「これは私には乗れない車」の烙印を押してしまった。

もし、その時に本格的に試乗していれば多分シティを売ってこれに買い替えていたに違いないというのが今の心境。兎に角、楽しい。シフトの「カチッ」とした、しかもストロークの短い小気味よさ。エンジンの吹け上がりの気持ちよさ。これが現在、20年経ったビートに乗っての感想なのだ。新車だったらもっと…と思うと残念の一言。

私は一時、三台の自家用車を所有していた。別に金持ちでもなく、自慢でもない。逆に車貧乏である。ただ気に入った車を買い替えで失くすのが勿体無いという性格からだ。なのでビートのように買い物や助手席に誰かを乗せて走る車ではない一台で不便ではあるが三台のウチの一台にはなり得たはずだ。

人によってはスリッパのような形と揶揄する御仁もいるが、オープンにして走った時のそう快感、それを実現するのにシティのような面倒な、手動ではあるが手順を踏まなくても簡単にその状態にできる手軽さも魅力である。

私は一時、フロンテクーペGXCFを所有していたがこれを手放すときにも断腸の思いをしたことを覚えている。小さなくるま、少ないトルクや馬力で大きな車を追いかけまわす、その車の性能を目一杯使ってドライブするのが好きなのだ。大型車で大トルクで優雅に移動するのは性に合わない。身長180cm・体重85kgもあるガタイの大きい男だが…他から見ると滑稽にも見えそうであるがそれでも自分が良ければ気持ちが良いのが趣味性の高い車である。

この車、いま乗っている殆どのオーナーが中年のオジサンタイプである。
それもこれはセカンドカーというか玩具として乗り回しているだけで他に高級外車などのオーナーが多い。それもそうだろう、妻帯者ならば奥様に絶対反対される。
買い物に行っても膝の上がトランク代わり、運転席は快適ではあるが助手席は女性でも狭い。おまけにサスペンションは硬い。オープンにすれば髪の毛はバラバラになるとすれば嫌われるのは必然。
現にこの車は当時そんなに大ヒットしなかったといわれている。
理由は上に書いたとおりである。万人に受けなければ「売れる車」にはならないのだろう。

私は車おたくではないと思う。ましてや走り屋、メカに詳しい評論家のようなデリケートな感覚も持ち合わせていない。それでもこの魅力的なバックアングルを見たら、この走りを体感したらまたウチの庭に一台増やしたい気持ちになるのはやはり病にかかっているのだろうか。

そろそろ部品も底をつくような年代物のなんと悩ましいことか。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」

幼い時の私的思い出 tom room:「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和




タグ:車、ビート
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 2

ねこじろ

いっそ増やしちゃいましょうか ^^;

軽率な発言お許しください。

でも、楽しいですよ←挑発です
by ねこじろ (2011-05-03 23:47) 

tom

ハイ、本当に楽しいですね。
すぐにでも所有したいです。

しかし、我が家のBOSSがいつの間にか入れ替わっておりまして、カミさんの許可がないと、自分の小遣いの範囲ではちょっと…

今年に入って3台あった自家用車をようやく1台にしたばかりなので。
しかし、欲しい~!(^^)!

by tom (2011-05-04 12:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。