So-net無料ブログ作成

「あえぐ夢」 懐かしき私の昭和 序章-1 [思い出]

目の前が真っ白だ。朝靄がかかったように。何も分からないまま、黙々と前へ進んでいく。暫くすると少しずつ、その中にうっすらトタンの垣根で囲まれている家が見えてきた。小さな平屋造りだろう。低い屋根だけが見える。真ん中あたりに、木の合わせ目がずれてしまい、中が覗けてしまう、今にも壊れそうな引き戸の門がそこに現れた。その門の左、一間半ほどのところに人影が…目を凝らして見ると、女の子が立っている。おかっぱ頭の可愛い子だ。短いスカート、指を口に銜えてこちらをじっと見ている。

私が近寄ろうとした途端、彼女はその家の門に駆け込んだ。素早かった。私は追いかけた、門に向かって。吸い込まれるように。
「待って」と言いたかった、だが心の中で叫んでいるだけのようだ。自分で発している声が聞こえないし、私自身の体は見えていない。丁度カメラのファインダーを覗くように移動している。

次の瞬間、シーンが変わってしまった。床がスノコだ。大分時間が経ったそれは端にコケが生えているように見え、ヌラヌラと光っている。視線が上がってゆく。私は風呂場にいた。湯気が凄い。透明な湯の中に先ほどの女の子が入っている。あちら側の淵に腕を掛けて私を見て笑っているのだ。「明日香!」そう、私の幼馴染みの。湯の中で足をばたつかせ片手を伸ばした。その方向から視界に女性が入ってきた。
豊満な乳房とビーナスのように女特有の尻から足のふくらみが眩しい。裸だ。彼女も風呂に身を沈めた。明日香の母親、「夏江おばさん」だ。二人で戯れている。ついたてもないその場所は右を見ると土間と繋がっていて、かまどからも湯気が立っている。手ぬぐいを姐さんかぶりした「ばあちゃん」が夕方の飯の支度をしているところらしい。背中を見せているのに誰だかが分かる。

風呂の先を見ると窓、外には木戸が見え、今まさにそこを開けて「じいちゃん」が帰って来た。昔の荷台が大きい重そうな自転車を引っ張って庭に止めている。後ろからは「博おじさん」が続いて入ってきた。皆揃ったのか、一同で笑っている。音は聞こえなかった。
ひときわ大きな声で笑った気がして風呂場から、かまどのほうへと振り返った。誰もいなかった。再び木戸から続く家への入り口を見るとそこにも誰もいなかった。景色がグルグルと回る。誰もいない。皆、掻き消えてしまった…どこに。


●こちらもどうぞ--------------------------------------
少し以前の失敗談 tom room:「悲しき軽運送屋の顛末記」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。